第31回 日本エイズ学会学術集会・総会

2017年11月、第31回日本エイズ学会学術集会・総会が東京で開催されます。

学会名:第31回日本エイズ学会学術集会・総会
テーマ:未来へつなぐケアと予防
会 長:生島 嗣(特定非営利活動法人ぷれいす東京)
会 期:2017年11月24日(金)~11月26日(日)
会 場:中野サンプラザ

カテゴリー: 国内学会, 学会情報 | コメントする

”AIDSinfo”(DHHSのウェブサイト)が全面更新されました

DHHS(米国保険福祉省)のウェブサイト“AIDSinfo”が全面更新されています。

AIDSinfo

閲覧性が向上したことに加え、無料のモバイルアプリ(Android/iOS)も利用可能となっています。

カテゴリー: ガイドライン情報, 医療従事者向け情報 | コメントする

厚生労働省研究班「抗HIV治療ガイドライン(2017年3月版)」が公開されました

厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究」班による「抗HIV治療ガイドライン(2017年3月版)」が公開されました。

詳細は研究班のウェブサイトでご確認下さい。

カテゴリー: ガイドライン情報, 医療従事者向け情報 | コメントする

救済医療室のウェブサイトを開設しました

このたび、救済医療室のウェブサイトを開設しました。

エイズ治療・研究開発センター 救済医療室

血友病薬害被害者の皆様ひとりひとりの状態に応じて、HIV診療の専門医のみならず、血友病性関節症やリハビリテーションの専門医、その他各科の専門医との連携、肝炎・肝移植の専門施設との連携を通じて、身体的・精神的な健康の維持に努めて参ります。医療や健康に何か不安がありましたら、救済医療室まで遠慮なくお知らせ下さい。

カテゴリー: 医療従事者向け情報, 血友病 | コメントする

2017年度ACC研修の開催日程

2017年度のACC研修は以下の日程で開催いたします。

各コースとも2017年4月1日より募集を開始いたします。

コース 開催日程
(1) 1週間コース
(医師・看護師・薬剤師)
① 2017年6月5日~6月9日
② 2017年7月3日~7月7日
③ 2017年9月11日~9月15日
④ 2017年10月2日~10月6日
(2) 歯科コース
(歯科医師・歯科衛生士・歯科看護師)
① 2017年6月5日~6月7日
② 2017年7月3日~7月5日
③ 2017年9月11日~9月13日
④ 2017年10月2日~10月4日
(3) 短期コース
(医師・看護師・薬剤師)
① 2017年6月5日~6月6日
② 2017年7月3日~7月4日
③ 2017年9月11日~9月12日
④ 2017年10月2日~10月3日
(4) 短期・基礎コース
(医師・看護師等・薬剤師)
2018年1月25日~1月26日
(5) アップデートコース 2017年9月22日
(6) 1ヶ月コース
(看護師)
希望者と相談のうえ日程を決定します
(7) 周産期・小児医療コース 2017年11月10日
(8) 地域支援者コース 2017年10月20日

今年から申込書等に一部変更がございます。詳細につきましては、ACCウェブサイト内「研修のご案内」に掲載されている募集要項・プログラムをご覧下さい。

カテゴリー: 医療従事者向け情報, 研修情報 | コメントする

EACSガイドライン Version 8.2が公開されました

European AIDS Clinical Society(EACS)のガイドライン Version 8.2が2017年1月付で公開されています。

こちら(EACSウェブサイト ガイドライン紹介ページ)からPDFを全文ダウンロードできます。
スマートフォン(Android/iOS)で利用可能なアプリ版(無料)も公開されています。

カテゴリー: ガイドライン情報, 医療従事者向け情報 | コメントする

ACC研修「短期・基礎コース」を開催しました

2016年度ACC研修「短期・基礎コース」を開催しました。
全国各地から約60名の医療従事者の皆様にご参加いただきました。

2016年度のACC研修は、本コースを以てすべて終了しました。
お忙しい中ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

2017年度の研修開催日程は近日中にACCウェブサイトで公開予定です。

カテゴリー: 医療従事者向け情報, 研修情報 | コメントする

HIV感染症「治療の手引き」第20版が公開されました

11月26日に開催された日本エイズ学会シンポジウムにおいて、日本エイズ学会 HIV感染症治療委員会『HIV感染症「治療の手引き」第20版』が公開されました。

新規に承認されたTAF(テノホビルアラフェナミド)製剤や抗HCV薬に関する記載の追加、その他米国DHHSガイドラインの改訂に伴う記載修正が中心の改訂です。
急性感染期など多くの臨床場面において早期治療をより強く推奨する内容となっています。

[2017年2月1日追記]
PDF版が日本エイズ学会 HIV感染症治療委員会のウェブサイトで公開されました。

カテゴリー: ガイドライン情報, 医療従事者向け情報 | コメントする

ACC研修「周産期・小児医療コース」を開催しました。

ACC研修「周産期・小児医療コース」を開催しました。
全国から約20名強の皆様に御参加いただきました。

周産期・小児医療コースは、年1回開催しています。
2017年度の開催日程は2016年度末までに公開予定となっております。

カテゴリー: 医療従事者向け情報, 研修情報 | コメントする

日本性感染症学会「性感染症 診断・治療 ガイドライン2016」が公開されました

日本性感染症学会「性感染症 診断・治療 ガイドライン2016」が2016年11月1日付で公開されました(旧版は2011年)。

日本性感染症学会のウェブサイトより、全文のPDFを無料でダウンロードできます。

(PDFファイル(12.6MB)への直接リンクはこちら

カテゴリー: ガイドライン情報, 医療従事者向け情報 | コメントする